ホーム > 投稿一覧 > 矯正コラム > 歯並びが悪いと虫歯になりやすい?!

矯正コラム

2016年2月24日

まつおか矯正歯科クリニック神谷医院、院長の神谷です。

前回からの続きになりますが、歯並びや噛み合わせは運動能力、身体のバランスを保つ為に、とても重要な役割を担っています。

前歯が出てしまっている歯並びの場合は、慢性的な口呼吸になります。
口呼吸の場合、風邪の菌などが鼻呼吸の方に比べお口から入りやすくなってしまいます。そしてお口の中が乾燥しやすく、虫歯にもなりやすくなってしまいます。

また口呼吸の方は鼻炎やアデノイドの方が多く、運動時に空気流入不足になり酸素欠乏症になる事もあります。
この事により、運動能力も低下につながり、十分に力が発揮できません。

歯並びや噛み合わせを正す事により、沢山の可能性が広がります。

ご興味のある方は、お気軽にご相談にいらしてくだい。

   

投稿者 神谷デンタルクリニック池袋医院