矯正コラム

2015年2月15日 日曜日

歯周病と糖尿病予防のために、歯並びを治しましょう

実は糖尿病と口腔内の健康は、密接に関係しております。
糖尿病になると、歯周病を併発するともいわれていますし、歯周病が糖尿病を悪化させるという関係性も明らかとなっています。
つまり、糖尿病にも歯周病にもならないように、予防をしていく必要があるのです。

糖尿病に関しては、皆様ご存知のとおり、食生活と運動を代表とする生活スタイルの見直しが必須です。
もちろん歯周病も、食生活などの生活習慣が関係しておりますが、その前に歯周病は特定の細菌により引き起こされる感染症であり、その細菌を媒介するのがプラークと呼ばれる歯垢ですから、歯や歯茎に歯垢を溜めない事、つまり口腔内を清潔に保つ事が、歯周病予防の第一歩となります。

そこで歯磨きやフロス、歯のクリーニングといった話に繋がっていくのですが、またまたその前に、歯垢がつきやすい口腔環境ではいけないわけです。
つまり歯並びが悪く、口腔ケアをどんなに頑張っても歯垢が溜まりやすい環境はNGという話になります。

歯並びが悪い方は歯周病と糖尿病予防を考え、健康的に歳を重ねたいのであれば、若いうちからのインビザライン矯正が大切という事になります。
歯並びは、見た目だけの問題ではないのですね。

投稿者 まつおか矯正歯科クリニック神谷医院

歯並びに関するお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。
まつおか矯正歯科クリニック 神谷医院 お問い合わせバナー
神谷デンタルクリニック 池袋医院 お問い合わせバナー