矯正コラム

2014年11月12日 水曜日

インビザライン治療中の虫歯予防

こんにちは。所沢市のまつおか矯正歯科クリニック神谷医院院長の神谷です。
今日はインビザライン治療中の虫歯予防についてです。
インビザライン治療中は、マウスピースを取り外して食事をしたり、歯磨きをすることができるので、もともと、虫歯になるリスクは従来型のワイヤー矯正よりも軽減されるのですが、それに更に、1.5カ月~2カ月ごとに定期的に通院していただきますので、通常、虫歯になるという事はほとんどありません。
しかし、それでも虫歯リスクがゼロではないので、虫歯予防には気を付けていかなければなりません。

一番注意したいのが、「マウスピース装着時は、必ずその前に歯磨きをする事」という点でしょう。
「そんなの当然でしょ?」と最初は思うでしょう。
でもインビザラインは、外出時の食事時やコーヒーなどを飲む際にも、マウスピースを外さなければならないものなので、「外す→食事→歯磨き→装着」という流れが、いつでもできるわけではないでしょうし、もともとサボり癖のある方などは、だんだん歯磨きを省略してしまったりするのです。
せっかく歯列が綺麗になっても、虫歯になってしまっては残念です。
着ける前に歯磨きという流れを習慣化しましょう。

投稿者 まつおか矯正歯科クリニック神谷医院

歯並びに関するお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。
まつおか矯正歯科クリニック 神谷医院 お問い合わせバナー
神谷デンタルクリニック 池袋医院 お問い合わせバナー