Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2841

アーカイブ: 5月 2019

2019年5月23日

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のアタッチメント(白いポッチ)が取れることはよくあります。取り外しのときにアタッチメントに大きな力がかかるからです。

アタッチメントが取れたことに気づいたときは、早めに医院に連絡をしましょう。アタッチメントがないままだと、歯に十分な力がかからず、シミュレーション通りに動かないことがあります。

アタッチメントが取れても気づかないことも多いです。自分でもアタッチメントが取れていなか、気を付けてみましょう。奥歯は見えにくいですが、定期的に確認しましょう。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2019年5月19日

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)では多くの場合、アタッチメント(白いポッチ)が歯の表面につきます。それは歯の動きをより動きやすくするためです。

マウスピース型の装置はだけでは歯をしっかりとつかむことが難しいので、歯に十分な矯正力をかけることができません。なので、アタッチメントはシミュレーションで必要と考えられる場合はつけることが望ましいです。

どうしてもてアタッチメントをつけたくない方はつけないという選択もできます。ただ、歯が十分に動かないため、矯正治療に限界が生じることがあります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2019年5月5日

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)はアタッチメントという白いポッチを歯の表面に付けることがあります。

アタッチメントは一つ一つ細かく設計されています。正確に歯に付ける必要があるため、アタッチメントテンプレートを用いて設置します。

まず、アタッチメントテンプレート(やわらかめのマウスピース)のアタッチメント設置部位にレジン(歯の詰め物に使う白い材料)を注入します。

歯の表面は接着しやすいように表面処理します。これでレジンとの接着が強まります。次にテンプレートを口の中にセットします。しっかりとはまっていることを確認して光を照射し、レジンを歯の表面に接着します。

テンプレートの中に注入してあったレジンが歯の表面にセットされた状態になります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2019年5月5日

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は歯の表面にアタッチメント(白いポッチ)が付きます。アタッチメントには種類があります。

大きく分けて通常アタッチメンテと最適アタッチメントがあります。最適アタッチメントは1歯ずつの動きによって設計された、特徴的な形態をしています。

それに対して通常アタッチメントは既成の形態をしたアタッチメントです。用途は主に、維持、傾斜防止、挺出などの働きを補助する目的で設置します。

アタッチメントは矯正治療の予測を高めるものです。どうしてもつけたくない場合以外はつけることが多いです。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2841