Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2781

アーカイブ: 10月 2016

2016年10月30日

インビザライン治療を考えている方が相談に来られたときにする、質問をご紹介します。

アライナーを装着していると人に気づかれますか。
→多くの場合、気づかれることはありません。光の加減でアライナーが光ったりするときはまれに気づかれることがあるかもしれません。

痛くないですか。
→動かすスピードをコントロールしているので、痛みが出ることは少ないです。装着時の痛みより、取り外しのときに痛みが出ることがまれにあります。デコボコが多いとアライナーの取り外し時に力がかかることがあります。

インビザライン治療で虫歯になりやすくなりますか。
→アライナーを装着している間の飲食の制限を守れば、虫歯になりやすいということはありません。ただ、今までよりも歯みがきは頑張る必要はあります。歯と歯の隙間はフロスを通すことをお勧めしています。また、定期的に歯の検診、クリーニングをすることもお勧めしています。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年10月30日

KDCグループ代表 神谷規明はインビザライン ダイヤモンドプロバイダーの称号をアラインテクノロジー社より授かっています。

ダイヤモンドプロバイダーはインビザライン治療を多く行っている経験豊富なドクターに与えられ、治療可能な範囲が限りなく広いことを表しています。

現在、日本国内では10人ほどしかおらず非常に貴重なことです。

KDCグループでは経験豊富な代表 神谷規明の監修の元、インビザライン治療を行っております。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年10月23日

歯科治療では金属を使うことがあります。保険診療で被せ物や詰め物はよく使われています。ワイヤーを用いて矯正治療を行うと、ワイヤーやブラケット(歯の表面につけるもの)は金属が使われることが多いです。部分入れ歯の針金の部分にも使われます。

歯科治療を行うと金属を使うことは結構多いものです。歯科治療で金属を使うと必ず、金属アレルギーをおこすというわけではありません。金属が溶出して、金属アレルギーを起こすことがあるので、アクセサリーをつけるとアレルギーが出るような方は事前に金属アレルギーのテストを受けたほうがいいでしょう。どの金属にアレルギーが出るかを把握しておけば、歯科治療で金属を使わなければいけときにも安心です。

アレルギーの反応は口の中だけでなく、手や足に出ることもあります。このような症状を掌蹠膿疱症と言います。まれに、複合的な要因でアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

インプラントで用いられるチタンなど、生体親和性(身体との馴染みやすさ)の高い金属以外は、身体に優しいとは言えません。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年10月23日

chiryou_img03-300x189
アメリカではカスタムメイドの矯正装置としてFDAに医療機器として認証を受けています。装置はISOを取得している製造所で作成されており、多くの治療実績があります。

日本ではインビザラインだけではなく、カスタムメイドの矯正装置は患者ごとに作成している装置のなので薬事法上の医療機器にも技工物にも該当しません。ただ、インビザラインの材料は薬事認証を有しており、アレルギーなどの安全性は保証されています。

日本と外国ではインビザラインを取り巻く環境に差があります。しかし、日本でも年々治療患者数が増えてきています。これは、インビザラインが社会的に認められてきたということではないでしょうか。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年10月17日

患者さんは金属の被せ物を銀歯と表現します。しかし、実際は銀だけでできているわけではありません。金も含まれている合金でできていることが多いです。保険治療でよく使われる金属は、金銀パラジウム合金と言います。12%も金が入っています。

金属を使うため、目立ちやすいです。口を開けたとき、銀歯があると気づかれることが多いです。また、金属アレルギーをおこすこともあります。

適合が悪いと、銀歯と歯を接着したセメントが溶けて銀歯と歯の間に汚れが貯まることがあります。そのため、細菌繁殖をおこし虫歯ができることがあります。精度の高い銀歯が求められます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年10月17日

前回はインビザライン治療の辛い点をご紹介しましたが、患者さんがインビザラインを治療をしていくうえで、辛いことよりも良いことの方が多いです。インビザライン治療をしている患者さんのアンケートからインビザライン治療の良い点を見ていきましょう。

アライナーの番号が進むと楽しく、動いていることを実感でき達成感があります。最初にアライナーが渡されたときから、少しずつアライナーの残りが減っていくのでモチベーションを維持できます。

あまり、アライナーをしていることを気づかれないので周りを気にすることがないという意見も多いです。インビザラインは日常生活でほとんどの時間に装着しています。なので、心理的にゆとりがあることは重要です。

友達に勧めたいという意見も多くあります。それだけ、インビザラインの良さを認めているということだと思われます。相談に来られる方でも、友達がやっているから自分もやってみたいという方が多くいらっしゃいます。

ワイヤー治療も経験した方は痛みが少ないという方が多くいらっしゃいます。やはり、痛みが少ないだけでも、治療をする上で大きなメリットになります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年10月9日

金属のフレームに陶材を盛り付けて作る被せ物です。
このときに使われる金属は、ゴールドを多く含んだ金属を使うことが多いです。

近年はジルコニアやe.maxのような白い被せ物も多く使われるようになり、白い被せ物はメタルボンドだけではなくなりました。それぞれにメリット、デメリットがあります。

メタルボンドクラウンのメリットは金属を使っているため、強度があることです。
ブリッジのケースなど強度を求められるときに向いています。

反対に、メタルボンドクラウンのデメリットは金属を使うため、アレルギーの問題があります。
また、メタルタトゥーといって、歯肉が変色することがあります。

最後は見ための質感が重要になるのではないでしょうか。
ジルコニア、e.max、メタルボンドはそれぞれ若干質感が違います。
患者さんの年齢や好みで使い分けるのが良いのではないでしょうか。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年10月9日

治療中の患者さんのアンケートから、インビザライン治療中の患者さんは良いことばかりではないこともわかります。

外出時の歯ブラシの大変さを訴える方は多いです。
インビザライン治療中は歯と歯の隙間が広がることがあるので、食後に食べ物がはさまることが多いです。歯ブラシだけでなく、フロスを使って歯を磨く必要があります。そのため、患者さんは大変に感じるかもしれません。

人前で話すことを気にする方も多いです。
実際はアライナーを着けていてもあまり目立つことはありませんが、自分の意識の中で気にしてしまうのかもしれません。

20時間以上装着しなければいけないことを苦痛に感じる方もいるようです。
慣れるまではやはり大変かもしれませんが、慣れてしまえば生活の中に取り込まれていくと思われます。

取り外しにくいという意見もあります。
アタッチメントが付くと爪を引っ掛けて外すことが難しいときがあります。そのときは、補助具などを使って、爪を傷めないようにします。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年10月2日

根の治療をすると、根を強化するために根の中に芯を入れます。そのときに、使う素材にはいくつかあります。

今まで多く使われていたのは金属ですが、金属と根(象牙質、セメント質)だと強さが違うので、破折することがありました。そこで近年では、ファイバーポストという素材が使われることが多くなりました。

素材はグラスファイバーの芯の周りを強化プラスティックで固めたものです。歯との親和性がいいです。

根が歯肉の中に潜るようなときは使えないこともあります。接着やたわんだときの強度に問題があるからです。

ファイバーポストは光透過性があるので、前歯のように審美的要求が高いときに有効的です。金属を使わないのでアレルギーを起こしにくいというメリットもあります。

保険の適応もされるようにもなりました。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年10月2日

アラインテクノロジー社は2012年に日本人の歯並びについて、国内外でアンケートを取りました。
このアンケートから日本人の矯正事情を考えてみましょう。

日本人に住む外国人の76%が日本人は歯並びが悪いと答えています。
外国人から見ると日本人の歯並びは悪いとよく聞きますが本当のようです。

歯並びは笑顔に影響すると質問すると日本人85%、アメリカ人が89%が「はい」と答えています。
日本人も歯並びを気にしていないわけではありません。

もともと、歯並びの悪い人の割合は日本人とアメリカ人にほとんど差はありません。
しかし、歯並びの悪い人の中の治療率は日本人21%、アメリカ人50%と大きな差があります。
治療を考えている、歯科医に相談に行ったことがある人の割合も日本人はアメリカ人に比べて低いです。

では、日本人が矯正治療に前向きにならない理由はなんでしょうか。
日本人は矯正装置に対して、ネガティブなイメージを持つ傾向にあります。
目立つ、痛みがあるなどというイメージを持っているようです。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2781