Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2841

アーカイブ: 3月 2018

2018年3月25日

部分矯正とは

歯の一部を動かして、前歯の見た目を良くしたり、奥歯のかみ合わせを整えたりする矯正です。全体の歯並びを治して理想的な歯並びや咬み合わせを目指すというより、希望や目的に合わせて歯を少し動かすというイメージです。そのため、治療期間は短めで費用も抑えられる傾向にあります。ただ、適応となるケースが限られることもあります。

被せ物やブリッジ、インプラントなどをする前に、部分矯正をすることもあります。被せ物やインプラントなどをするための準備矯正として、部分矯正を行います。矯正治療とその他の治療を組み合わせることで、よりよい治療効果を上げるためです。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年3月25日

検査 写真

矯正治療をする前に顔の写真と口の中の写真を撮ります。顔の写真は正面からの写真(普通の表情、笑顔)、横顔の写真、斜めからの写真を撮ります。矯正治療の診断をするときに、それぞれ意味があります。

正面からの写真は顔の対称性、唇の閉じ方などを診ます。笑顔の写真は歯茎の見え方などを診ます。横顔の写真は唇の突出や顎の位置関係などを診ます。斜めからの写真も唇の閉じ方などを診ます。

お口の中の写真は咬んだ状態で、正面、右斜め、左斜めから写真を撮ります。前からの写真は咬んだときの前歯の歯並びを診ます。右、左からの写真は咬んだときの咬み合わせの関係を診ます。

口を開けた状態で、鏡を口の中に入れて上の全体の写真、下の全体の写真を撮ります。歯並びを咬み合わせの面から診ます。

また、咬んだ状態で、真横からと下斜めの方向から撮ります。前歯の前後的な関係を診ます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年3月18日

通常、ワイヤー矯正ではブラケットという装置を歯の表面につけます。インビザライン治療でも、同じような装置が付くのかと心配する方もいるかと思います。

ご安心してください。インビザライン治療では歯の表面にブラケットは付きません。その代り、アタッチメントというポッチが付きます。このポッチを付けることで、歯をより動かしやすくすることができます。

アッタチメントは、ブラケットほどの大きさもありません。素材も歯の詰め物に使うのと同じものなので、あまり目立つこともありません。ご希望によっては、前歯につけいない設定にすることもできます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年3月18日

不正咬合 交叉咬合と鋏状咬合

通常の咬み合わせは、上の歯が下の歯を少しだけ覆うような咬み合わせをしています。上の歯が下の歯より少し、外側にあるようなイメージです。それに対して、交叉咬合は下の歯が上の歯よりも外側にあります。鋏状咬合は、上の歯が下の歯より大きく外側にあり、噛めずに すれ違ってしまっている状態です。

交叉咬合のことをクロスバイト、鋏状咬合のことを すれ違い咬合やシザーズバイトともいいます。

原因として
・遺伝
・上下の顎のバランスが悪い(上の顎が小さい、下の顎が大きい等)
・何らかの癖などで筋肉のバランスや顎の位置を悪くした
などあります。

奥歯に起こると、見た目に影響をすることは少ないです。しかし、奥歯の咬み合わせが悪いので、しっかりと食べ物を咬めない、顎の関節に負担がかかるなどの不都合が生じます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年3月11日

インビザライン治療はシミュレーションに従って、行なわれます。シミュレーション通りに、マウスピースを交換していっても、シミュレーションとのズレを生じていることがあります。インビザライン治療では、ズレを修正するためにマウスピースを追加して治療を継続することができます。

ただ、再度、型を取り直してシミュレーションを作り直す必要があります。なので、治療が進まない時間が生じてしまいます。この点は、ワイヤー矯正と比べてデメリットと言えます。

また、シミュレーション通りに最後までいっても、顔の真中と歯の真中が合わないことや、咬み合わせが不十分なときがあります。このようなときも、インビザラインを追加して、より理想的な状態に近づけることができます。

KDCgroupでは、この「追加」も含めて、歯を動かす費用全て込みの金額を提示しています、ご安心ください。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年3月11日

不正咬合 開咬

咬んでもしっかりと咬めないで、隙間ができる状態を開咬といいます。奥歯が咬んでいるのに前歯が噛んでいない場合と、前歯が咬んでいても奥歯が咬まない状態があります。

バイト(咬む)が開いているので、オープンバイトと呼ばれることもあります。開咬になる人は結構、多いと言われています。12~20歳までの10人に1人が開咬の状態にあると考えられています。

原因として、舌を前歯に押し付ける癖や指しゃぶりがあります。上の前歯が前に出て、上下の前歯に隙間ができます。また、口呼吸によって筋肉のバランスを崩すことや遺伝的な骨格の問題で、開咬を生じることもあります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年3月4日

交換時期は一定間隔で決まっています。間隔は医院によっても、違うので担当医に確認しましょう。概ね1~2週間ごとに交換します。忘れずに交換することは、シミュレーション通りに歯を動かすために大切です。

交換のタイミングは夕食の後がおすすめです。夕食のあとならば、朝まで連続してつけている時間が長いからです。特に、最初の3日間は少しでも長く着用した方が治療効果があります。22時間以上の着用が望ましです。最初の3日間に必要な力がかかるとされています。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年3月4日

不正咬合 上顎前突

上の歯並びが下の歯並びよりも前にある状態です。一般的に、出っ歯と言われる状態です。上の前歯が前に飛び出しているときと、下の顎が後ろの位置にあるときがあります。

見た目にわかりやすく、歯並びを改善したいと思うきっかけになりやすいです。また、前歯で咬みにくいため、食事にも影響をすることがあります。

原因として、指しゃぶり、舌を押し出す癖、頬杖、遺伝などがあります。1つの要素で作られるだけではなく、複合的要素からおこることもあります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2841