Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2841

アーカイブ: 12月 2018

2018年12月30日

ホワイトニングを低価格で行う方法として、市販のホワイトニング剤を購入する方法があります。通販で購入できるものもあります。

しかし、ホワイトニングは薬液を使うので、歯科医師や歯科衛生士の指示に従って、歯科医院で行うことをお勧めします。

薬液の濃度によって、知覚過敏や歯肉炎を起こすこともあります。しっかりと使用法を守ってホワイトニングすることが重要です。

一生、ご自身の歯で過ごせるように、歯を大切にしましょう。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年12月30日

セラミックは歯科では、主に白い被せもののことを言います。セラミックを矯正治療に使用することもあります。

上の真ん中から2番目の歯が本来よりも小さいことがあります。矯正治療で歯並びを治したあとに、小さい歯(矮小歯)にセラミックの被せものをして、見た目を改善することもできます。

矯正治療の治療計画に被せものを入れることで、治療の幅が拡がります。そして、患者さんの満足度も高いものになります。


投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年12月23日

ホワイトニングを歯科医院以外で行っている店舗を見かけることがありませんか。歯科医師や歯科衛生士以外が施術をすることはできません。しかし、セルフで行うことはできます。

マッサージ店で一緒にできる、ホワイトニングはセルフで行うタイプのものです。ホワイトニングバーという形態の店舗もあります。

ホワイトニングの方法は自分で薬液を歯に塗って照射をするものやトレーを用意してジェルを入れて照射するものがあります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年12月23日

矯正治療は歯を動かすことで、歯並びを治す治療です。治療期間が長めにかかる傾向にあります。

通常の矯正とは違い、セラミックの被せ物を用いて歯並びを治すこともできます。セラミックを用いて歯並びを治すので、期間は短くなります。ただ、デメリットとして歯削る必要があります。虫歯の歯に被せ物をするのと違い、健全な歯を削るので、抵抗がある方もいると思います。

歯科治療はメリット・デメリット、リスクが伴います。自分が受ける治療をよく理解した上で、選択されることが望ましいです。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年12月16日

ホワイトニングは歯磨き粉でできるのかというと、それは難しいかもしれません。歯科医院でいう、ホワイトニングは歯の表面の着色を除去することではないからです。

歯科医院では歯の中の色素成分を分解して、ホワイトニングを行います。歯の表面についたステインを除去することをクリーニングということが多いです。

歯磨き粉でできるのはクリーニングの範囲です。ホワイトニング用の歯磨き粉はステインを分解する酵素が入っているものなどが多いです。重曹によって歯の表面の汚れを落とすものもあります。

最近では少なくなりましたが、粗い粒子歯磨き粉もあります。確かに研磨効率が高いですが、歯を傷つけることにもなるので気をつけましょう。歯磨き粉を選ぶときは内容成分をよく見て選びましょう。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年12月16日

中学生頃までには永久歯上下28本は生え揃うことが多いです。28本の永久歯が生え揃ったあとに遅れて生えるのが親知らずです。

親知らずは生えてこないで骨の中に埋まったままになることや、親知らずのもとになる種がないこともあります。

親知らずが生えてくると、永久歯が押されて歯並びに影響することがあります。歯を並べるスペースが小さいときに影響を受けやすいです。

親知らずが横から生えてくるようなときは、親知らずの抜歯をすることがあります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年12月9日

格闘技をされる方はマウスピースを競技中に使用していることが多いと思います。格闘技をしない人でも、テレビで見ているとマウスピースを装着している選手を見かけることが多いことでしょう。

格闘技など使用するマウスピースは歯を衝撃から守るために装着するので、マウスガードと呼ぶことが多いです。厚み、硬さもあるものを作成します。それは接触による衝撃に対応するためです。

競技によってはカラフルなものも使われます。プロスポーツでは観客にアピールすることも大切です。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年12月9日

マウスピースは主にプラスティック系の素材で作成されるます。そのため、臭いや色がつくことがあります。長期に使用する場合、気になることもあります。マウスピースをまめに洗浄することが必要です。ただ、きれいに洗浄しても着色は変わらないこともあります。

最近では入れ歯のようにマウスピース専用洗浄剤が販売されています。ドラックストアでも販売されていることが多いです。試してみることもいいと思います。洗浄剤によってマウスピースの素材と合わないこともあるので、注意しましょう。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年12月2日

噛み締め(食いしばり)を行っている人は多くいます。
噛み締めると歯に負担がかかります。

大きな力が入るスポーツのとき、ストレスがあるとき、就寝中など様々なタイミングで噛み締めています。
噛み締めると自分の体重の数倍の力がかかることがあります。

歯を守るためにマウスピースを装着します。
マウスピースにはハードタイプとソフトタイプがあります。

大きな力が継続的にかかると、歯だけでなく歯の周りの骨まで影響が出ることがあります。
ご心配の場合は歯科医院で検査を受けることをお勧めします。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年12月2日

ホワイトニングの中で、家庭で行うホームホワイトニングは専用のマウスピースが必要です。
マウスピースは歯科医院で作成します。
薬液を使うので、しっかりと歯に合わせる必要があります。

歯科医院では型を取り、模型をもとにマウスピースを作成しました。
プラスティックのシートを模型に圧接します。
模型からシートを外して、歯に沿わせるようにカットします。

出来上がったマウスピースを口の中に入れて適合を見ます。
しっかりとはまれば、ホームホワイトニングを行っていただけます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2841