Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2781

アーカイブ: 12月 2016

2016年12月25日

アライナーは1日20~22時間使用する必要があります。
なるべく、22時間装着するのが理想です。
アライナーを使用する時間が長いので、生活管理が重要です。

アライナーを外すのは飲食のときと歯みがきのときぐらいだと思って下さい。
なので、アライナーをつけている間は原則、水以外の飲み物は飲めません。
虫歯の原因になるので、糖分や酸の入っているものは避けて下さい。

お湯はアライナーを変形させる原因になるので、避けてください。
アライナーの素材は熱に弱いので、注意が必要です。

アライナーを外したときには丁寧に歯みがきをしましょう。
歯と歯の間に隙間があるときはフロスできれいに汚れを落としましょう。

もし、外食で歯みがきが難しいときは、よくゆすいでからアライナーを装着しましょう。
帰宅後、丁寧に歯を磨くようにします。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年12月25日

取り外したアライナーは洗います。
アライナーを清潔に使うにはアライナーを洗う必要があります。

アライナーは変形しやすい素材でできています。
なので、ていねいにこすり洗いをします。
使用するブラシはデンチャーブラシや歯ブラシを使います。
歯磨き粉は傷をつけやすいので、使うとしても少量のみにしましょう。

洗い流すときにお湯の使用はさけてください。
変形させる原因になります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年12月18日

矯正治療は装置が外れたからと言って、治療が終わりではありません。
インビザライン治療でもアライナーによる治療が終了しても、そのまま何もつけないでいいわけではありません。

矯正治療が終了した直後はまだ、歯を支える骨が固まっていない状態です。
しっかりと骨ができるまでは、矯正終了の状態を維持しなけれいけません。
後戻りの予防をする必要もあります。

そのときに使うのが保定装置です。
保定装置もいろいろな種類があります。
インビザライン治療ではアライナーと同様のもので、少し硬い素材のものを使うことが多いです。

初めの半年はアライナーと同じように20時間以上使用します。
その時点で、状態が落ち着いているようだったら、夜間のみの使用になります。
保定の期間は個人差があります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年12月18日

インビザラインは歯を抜かなくても治療ができることが多いです。
理由の3つ目としてIPRがあります。

IPRは歯と歯の間に隙間を作ることです。
歯を削ることで、歯が全体的に少し小さくなります。
歯の大きさを調整することで、歯の並べるスペースをコントロールします。

ただ、歯を剤って大丈夫なのかと思いませんか。
削るのはエナメル質の範囲の中なので、虫歯になったり、神経が痛むようなことはないです。
まれに、しみたりする場合はしみどめなどで対応します。

削る量はクリンチェックのシミュレーションで細かく設計されています。
そのため、無駄に削りすぎたりすることはありません。
インビザライン治療をするうえで必要な量だけを削ります。

歯を削ることに抵抗がある方はIPRをしない、治療計画を考えることも可能です。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年12月11日

インビザラインが非抜歯で治療できる理由の二つ目として、遠心移動があります。
遠心移動と言われても、どこを動かすのって感じですよね。

主に奥歯を後ろ方向に動かすことを遠心移動といいます。
遠心移動をすると奥歯が全体的に後ろに下がります。
そのことによって、前歯を並べるスペースを作ることができます。

奥歯が後ろに下がったので、前歯を下げることができます。
前歯を後ろに下げたい方には特に有効的です。

ただ、遠心移動は時間がかかる傾向があります。
遠心移動をインビザラインの治療計画に入れた場合、アライナーのステージ数も伸びる傾向にあります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年12月4日

歯科医院ではよく撮影されるレントゲンにパノラマX線があります。
頭の周りを撮影器具が一周して、撮影されます。

顔全体の撮影ができるので、左右の非対称性がよくわかります。
顎の関節まで撮影されているので、顎関節の状態もわかります。
顎の関節に異常があると、矯正治療が難しくなる傾向があります。
矯正の難易度を知る上でも重要な情報が得られます。

左右の同じ部位を比較できるので、大きさが違うと歯の萠出位置の以上も把握できます。
小さく見える歯は内側に、大き見える歯は頬側に生えています。

奥歯の咬み合わせを見ることもできます。
そのため、噛んだ状態で撮影することがあります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2016年12月4日

インビザライン治療では非抜歯で治療できることが多くあります。
ワイヤー矯正ではできなかった、歯を並べるスペースを作ることができるからです。

歯を並べるスペースを作る方法にはいくつかあります。
今回はその中の1つ、側方拡大を説明して行きます。

顎の横幅が小さいと歯並びが悪くなることがあります。
円を考えてみてください。直径が小さいと円周は短くなります。
歯の並べるスペースも同じです。
顎の横幅が小さければ歯を並べるスペースも小さくなります。

インビザラインでは狭い横幅を拡げることができます。(側方拡大)
アライナーが内側から、外側へ押し広げるように力を加えます。
そのことによって、歯を並べるスペースを形成できます。

インビザラインが非抜歯で治療をできる理由の一つ目です。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2781