Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2841

アーカイブ: 4月 2017

2017年4月30日

インビザライン治療でも、他の矯正治療と同じように後戻りは起きるのでしょうか。
矯正治療はどんな種類の治療でも、歯を動かしているので元に戻ろうとする力が働きます。

歯を動かす矯正治療が終わると、保定装置を使います。
それはインビザラインでも同じです。

ただ、インビザラインの場合は、保定装置もインビザラインと同じようなマウスピースタイプのものになることが多いです。
インビザラインよりも少し硬めの材質になります。

矯正治療が終わったあとは、歯が揺れている状態のときもあります。
インビザラインから保定装置に変わっても気を緩めずに装置を使い続けましょう。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2017年4月30日

インビザライン治療で噛み合わせは変わるのか?
インビザラインでは奥歯を動かすことも多いため、噛み合わせが変化することが多いです。

上下ともに奥歯を動かすと、よく噛めない状態になることがあります。
噛み合わせを良くするために、上の歯と下の歯の間にゴムをかけることもあります。

矯正治療中の食事は少し工夫が必要なことがあります。
麺類などの薄いものを噛みきるのが難しいかもしれません。

矯正治療が終了しても、しばらくは噛み合わせが落ち着かないことがあります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2017年4月23日

インビザライン治療中にアライナーが合わなくなってくることがあります。
インビザラインを使用している時間が少なかったり、しっかりとはまらない状態で使用してしまうと、何ステージか進んだときに、インビザラインがしっかりとはまらなくなることがあります。

このようなときはもう一度、型取りをして新しいアライナーを作り直す必要があります。
インビザライン治療はシミュレーション通りに順調に進めば、予定の期間で治療できます。
しかし、一度、計画がずれてしまうと期間は延長され、患者さんの負担も増加します。

インビザラインが合わなくなる原因はさまざま、あります。
まず、正しい使用法と時間を守ることが大切です。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2017年4月23日

インビザラインを使用中にアライナーが変形してくることがあります。
一つのアライナーの使用期間は10日間ほど使うことが多いので、その間に1日に3度、食事をしたとして6回は付け外しをすることになります。

着脱を繰り返すとアライナーの形が変化してくることがあります。
アライナーの形が変化してしまうと、適合が悪くなり矯正力に影響します。

アライナーが変形したときは、アライナーをつまむようにして、形を元に戻すことがあります。
歯が頬の方に張り出しているときは、特にアライナーが開くように変形することがあるので、特に注意です。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2017年4月16日

歯の矯正をしたいと考えるときに、見た目を改善したいと思われる方は多いです。
良い見た目とは何でしょうか。

歯がきれいに並んでいることはもちろんですが、笑ったときにきれいなことも大切です。
笑顔がきれいに見える、歯並びとはどうでしょうか。

歯の見えるバランスがいいと、笑ったときにきれいに見えます。
笑ったときに、上の歯が下唇と一致しているとバランスがいいと言われています。
歯茎の見える量も見た目に影響します。

矯正をすると、上の歯の位置と下唇の関係を整えることができます。
きれいな笑顔を作るのに矯正治療が果たす役割は大きいです。

また、正面から見たときの歯の見える横幅と口角との間に隙間がない方がきれいに見えます。
隙間があると、口の中に黒い部分が見えてしまいます。
歯の位置を左右に拡げて横幅を拡げると黒く見える部分を減らすことができます。

インビザラインや床矯正などでは横幅を拡げる、側方拡大を行うことがよくあります。
側方拡大は歯を並べるだけではなく、きれいな笑顔を作る上でも大切です。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2017年4月16日

インビザライン治療を始めたいんだけど、何時間くらいつけていたらいいのかという質問はよくあります。
できれば、夜だけがいい、人前で話すときは外したいと思っている方は多いです。

しかし、インビザラインは起きている間はほとんどつけていただく必要があります。
食事のときと歯を磨くとき以外は、装着していただくことをお勧めします。

特に、新しいアライナーになって最初の3日間は22時間以上装着する必要があります。
それは、新しいアライナーになって3日間に矯正力がかかると考えられているからです。

それ以降も、20時間以上は装着する必要があります。
装着時間が短いと予定通りに動かない可能性があります。

もし、装着時間が短い日があったり、装着できない日があったときは同じアライナーを長めに使って頂く場合があります。
指示があると思いますので、担当医に相談するようにしましょう。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2017年4月9日

インビザラインは何個くらい、交換すると終わるのでしょうか。
多くの方は50個くらいのアライナーを使います。

1個を10日~2週間でつけかえるので、約2年くらいの治療期間になります。
50個もつけかえると聞いて、不安に思われる方もいるかもしれません。

確かに慣れるまでは、新しいアライナーに交換することが大変です。
アライナーの数が減るにつれて歯が動いていくことが実感できると、次第に交換することに前向きになることができます。

もし、途中でアライナーが合わなくなったときは一度中断して、再度、型を採ることがあります。
その場合は、追加でアライナーの個数が増えます。

最後まで順調にアライナーを交換しても、さらにアライナーを追加することもあります。
そのときも、アライナーの個数は増えます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2017年4月9日

矯正を希望する方の中に、口元の突出を改善したい方は多いです。
では、口元の突出はどのくらいがきれいに見えるのでしょうか。

基準となるものに、Eラインというものがあります。
Eラインとは、鼻の尖端と下顎の尖端を結んだ線です。

この線と上下の唇の関係で横から見た、口元の美しさを評価します。
日本人の鼻の高さから、Eラインと唇が触れるくらいが良いとされています。

出っ歯気味の方は唇がEラインより前にあります。
矯正治療で、歯を動かすことで唇の位置が下がると横から見た感じがスッキリとします。
横顔が美しいと感じられるようになります。

口元の突出度が大き場合、歯を抜くことを選択することもあります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2017年4月2日

インビザライン治療は多くの場合、歯と歯の間に隙間を作ることがあります。
これは、歯を動かすスペースを作るためです。

ただ、このときに歯を削る必要があります。
歯を削ることをIPR、またはディスキングといいいます。

シミュレーション(クリンチェック)で正確に歯を削る量を0.1mm単位で設計します。
歯を削る量は概ね、コピー用紙1、2枚ほどです。
なので、歯のエナメル質(歯の表面の白い部分)の範囲内です。

このことによって、むし歯になりやすくなったり、しみたりすることはありません。
隙間ができたことで汚れが溜まりやすくなり、しっかり磨かないとむし歯になるリスクを高めることはあります。

歯と歯の間を少しずつ削ることで、合計すると数ミリのスペースを獲得することができます。
デコボコがある人でもこのスペースを使って歯を並べやすくできます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2017年4月2日

矯正歯科は歯が動いて歯並びを良くする治療ですが、どうして歯が動くのか不思議ではありませんか。
ワイヤー矯正でも、マウスピース型の矯正でも、それ以外の装置でも矯正歯科では歯に力を加えています。

歯に力を加えると、どうして歯が動くのでしょうか。
歯に力を加えたら抜けてしまうと思いませんか。

歯は歯根膜という繊維組織で覆われています。
歯根膜と歯肉、歯槽骨がつながって歯を支えるように構成されています。

歯根膜は歯に力が加わるとクッションのような働きをします。
歯に力が加わると、押されている側に骨を壊す細胞が現れます。
その一方、引っ張られている側に骨を作る細胞が現れます。

このことによって、押されている側で動くスペースができ、引っ張られている側に新しい骨ができます。
結果として、歯と歯を支える骨が移動したことになります。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2841