Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2781

アーカイブ: 11月 2018

2018年11月25日

睡眠時無呼吸は一般に知られるようになってきました。
いびきをかく人は注意が必要でしょう。

睡眠時無呼吸は全身に及ぼす影響があるので、不安な方は一度、専門的に調べることも大事です。
睡眠時無呼吸の人はマウスピースによって、呼吸をしやすくすることができます。

顎の位置を通常よりも前にすることで、気道は拡がります。
マウスピースで顎の位置を前方に誘導するように設定します。

また、歯ぎしりや食いしばりの防止にも効果があるので、睡眠をしっかりととれるようにサポートします。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年11月25日

マウスピースは市販されているものがあります。
ドラックストアやインターネットでも購入できます。

これらのマウスピースはお湯で温めて変形させることができます。
柔らかくなった状態で口の中に入れて、適合を高めます。

歯科医院で作成するマウスピースと違って、ぴったりというわけにはいきません。
なので、使用する用途を限定されます。

睡眠時に歯ぎしりや食いしばりから、歯を守るためには向いています。
口を開けたときに外れることがあるので、激しいスポーツには向きません。

低価格で試せるので、とりあえず使ってみたいというときなどにはお勧めです。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年11月18日

いびきをかく方は、睡眠時無呼吸を起こしている可能性があります。
自分ではいびきをかいているか、わからないかもしれませんが、身近な人に指摘されたときは注意が必要です。

いびきをかく原因はいくつかあります。
その中でも、睡眠時に舌が後方に下がって気道を狭めていることが多いです。

睡眠時に緊張から開放されて、舌が後方に下がった状態になっています。
この状態では、いびきをかくだけではなく、呼吸も妨げてしまいます。

このようなときに、睡眠時無呼吸用のマウスピースを着用して就寝することがあります。
マウスピースの特徴として、下顎の位置を前方になるように設計されます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年11月11日

歯ぎしりを無意識にしている方は多くいらっしゃいます。
夜間、寝ている間に歯ぎしりをしていることが多いです。
歯ぎしりは音がするので、周りの人に指摘されることがあります。

歯ぎしりをそのままにしておくと、良くないことあります。
歯はとても硬い硬組織ですが、歯と歯をすり合わせると次第に削れてきます。
犬歯の先端が丸みを帯びている方は注意が必要です。

歯が削れるだけでなく、かみ合わせから起こる歯周病になることがあります。
歯を支える歯周組織にダメージを与えているからです。

歯を守るため、歯周組織を守るために、マウスピースを装着することがあります。
主に、夜間の就寝時のみに装着します。
そのため、ナイトガードと言います。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年11月11日

最近では多く場面で、スポーツをするときにマウスピースをしている姿を見かけることがあります。
スポーツをしている方はもうすでに、マウスピースを装着したことがあるかもしれません。

スポーツをするときにマウスピースをするのは、主に歯を守るためです。
コンタクトスポーツでは接触で歯を損傷しないように、上顎に厚く硬いマウスピースを着用することが多いです。

コンタクトスポーツだけではなく、食いしばるスポーツでも着用します。
ウエイトリフトティングなど、イメージしやすいと思います。
このようなときのマウスピースは下顎に着用するタイプのものもあります。

スポーツ用のマウスピースはカラフルなものも多く、見た目にも楽しめます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年11月11日

ストレスが溜まったり、緊張したりすると食いしばっていることがあります。
夜間の就寝時に、食いしばる方もいます。
このときは、音がしないので周りに気づかれず、自分でも気づきにくいです。
スポーツのときなど、大きな力を出すときにも食いしばりをしています。

食いしばりをすると、自分の体重の数倍の力が加わるとされています。
そのため、歯や歯周組織へダメージを与えることもあります。
それだけでなく、顎の骨に骨の高まりが生じることがあります。
骨隆起と呼ばれるもので、上顎の真ん中や下顎の舌側にできます。

食いしばりで生じる力を緩和するために、マウスピースを装着することがあります。
少し、厚めマウスピースを使うことで力を緩和します。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年11月4日

ホワイトニングは歯科医院で行うタイプと自宅で自分でできるものがあります。歯科医院で行うタイプはオフィスホワイトニング、自宅で行うタイプはホームホワイトニングといいます。

自宅で行うタイプはマウスピースにホワイトニングジェルを入れて、口の中に入れます。規定の時間、マウスピースを口の中に入れておきます。ジェルが歯に浸透して、ホワイトニング効果を発揮します。

自宅でホワイトニングをするためにはマウスピースが必要です。これは歯科医院で作成するのが一般的です。歯型を採って、ピッタリとしたマウスピースを作成します。矯正をしている方は、保定に使うマウスピースをホワイトニングに使用することもできます。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL

2018年11月4日

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム・薬機法外)では歯の表面にアタッチメントというポッチが付きます。歯によりしっかりと、力が加わるためのものです。形や大きさは用途に合わせて、使い分けられます。

歯を回転させたり、引っ張り出したり(挺出)、押し込んだり(圧下)と力がしっかりとかかるために付ける位置も考えられています。通常は、歯の表側に付きますが、歯の裏側につくこともあります。

上の真ん中から2番めの歯が裏側に引っ込んだ位置に生えていることがあります。このようなときはなかなか、前に歯がでてきません。引っ込んだ歯の裏側にポッチ(アタッチメント)をつけることで歯を前に出すための補助として作用します。

投稿者 池袋はならび矯正歯科 | 記事URL


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c5514591/public_html/m-k-m.jp/wp-includes/script-loader.php on line 2781