ホーム > サンプル_駆け込み寺

サンプル_駆け込み寺

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは?

ワイヤーを使った従来の矯正方法とは異なり、マウスピース(アライナー)を装着して歯列を整えていく矯正方法です。
マウスピースなので取り外すことができ、口内ケアがしやすいという特長があります。

また、ワイヤーを使うと、動かしたい歯の隣にある歯に大きな負担がかかりますが、マウスピースは歯全体に力を分散させるため、特定の歯へのダメージもありません。

透明な素材で作られたマウスピースは、装着していても目立たないという利点があります。

マウスピース矯正の種類

マウスピース矯正にもいくつかの種類があります。
素材や装着時間の違いもありますが、インビザラインと他のマウスピース矯正には大きな違いがあります。それは、最初に目標とする歯並びをご相談の上で決定し、それに必要な最小限の動きを数百万のデータを基に治療計画として作り上げ、3Dシミュレーションソフトで確認しながら調整し、各ステージに必要なマウスピースを作製できること。ですから、インビザラインはムダのない矯正治療ができるのです。
もちろん、途中や最終ステージ終了後、再調整を行うフレキシブルな対応も可能です。

アソアライナー

アソインターナショナル社の製品であり、2010年から提供が始まった。現在では数十万の症例数がある。同社はもともと2005年に韓国の歯科医師が開発したクリアアライナーとライセンス契約をしており、クリアアライナーを提供していたが、ライセンス契約が切れると同時に独自の製品としてアソアライナーを世に出した。適応症は限られており、主に前歯の歯列不正を対象としている。装着時間はインビザラインと同様である。通常月に1回程度の来院が必要である。最近デジタル化に対応し、口腔内スキャナーでの型採りが可能となった。シミュレーションは作成可能だが、静止画である。また、マウスピースの枚数によって料金が違うという特徴がある。

クリアコレクト

2006年にアメリカで始まり、日本には2019年1月から導入された。インビザラインの後発という位置付けであり、開発者はインビザラインを提供するアラインテクノロジー社の元社員である。2017年にインプラント大手のストローマンの子会社となっており、今後の発展が期待される。症例数は全世界で100万症例に届こうとしている。インビザライン同様症例の制限はなく、使用時間や価格も同等である。来院頻度はインビザラインよりは多い。

アクアシステム

アメリカの大学で客員教授を務めた日本人歯科医師が2002年に開発したシステムであり、数万の症例がある。比較的簡単な症状が対象であり、装着時間は症状や患者さんの生活環境によって様々である。手作業でマウスピースを作成するため費用は比較的安いが、通常は月1回程度の来院が必要で、来院ごとに型採りを行う。画像シミュレーションの作成はできない。

キレイライン

2017年に日本で始まったマウスピース矯正であり、現在で4000程度の症例がある。対象となるのは前歯部の軽度の歯列不正であり、インビザラインと同様の使用時間が必要である。通常来院頻度は月1回程度である。画像シミュレーションの作成はできない。マウスピースの枚数によって費用は変わるが、30万円以下に設定されている。

スターアライン

ドイツで開発されたシステムであり、日本には2013年に導入された。数万の症例数があり、対象となるのは前歯部の軽度の歯列不正である。使用時間は18時間以上に設定されており、インビザラインよりは短い。動画シミュレーションの作成が可能である。費用はマウスピースの枚数によって異なるが最大でインビザラインと同等になる。

ストレートライン

2007年に日本で始まったマウスピース矯正であるが、2013年に提供会社が経営破綻し、中止となった。治療中断となった患者さんも数百名おり、契約していた歯科医師らによって被害者の会が作られた。

DENマウスピース

1998年から福岡県の歯科医師が独自に研究を行い、開発されたシステムであり、2010年に商標登録がなされた。3000以上の症例があり、適応症は広いが重度の不正咬合には対応ができない。使用時間は8~10時間と少ないのが最大の特徴である。基本的に2週間毎の来院が必要であり、その都度型採りを行って、技工士が手作業でマウスピースを作成している。画像シミュレーションの作成はできない。費用はマウスピースの枚数によって異なる。

エシックスアプライアンス

マウスピース矯正の生みの親である、Dr.シェリダンによって開発されたシステムである。しかし、現在は保定装置として販売されており、矯正治療装置としては販売されていない。一部の歯科医師がDr.シェリダンの方法に則って昔ながらの方法を矯正治療に応用しているという現状である。

インビザラインのご紹介

インビザラインのご紹介

0.5mmという薄い透明な素材でできたマウスピースを使って歯列矯正を行う、インビザライン。
約2週間ごとにから1週間ごとに、装着するマウスピースを取り替えていきます。世界で1000万人(2021年4月時点)以上が治療を受けているポピュラーな矯正方法です。

透明で目立たないマウスピース矯正は何種類かありますが、インビザラインは世界的な実績を誇っています。クリンチェックというシミュレーションで治療計画を立てて、患者さまが事前に歯の動きを3Dでご確認できるのはインビザライン矯正だけ。
患者さまお1人おひとりに合わせて、認定ドクターとアメリカのエンジニアが緻密で総合的な治療計画を検討し、オーダーメイドの治療計画を立てていきます。

ワイヤーを使ったものや他のマウスピース矯正では、治療を手探りで進めます。
目標となる歯列の状態まで整えるためにさまざまな工程を経るため、どうしてもムダが多くなってしまいます。インビザラインはクリンチェックを行って最終目標となるゴールまでの計画を立て、それに沿ってマウスピースを変えていくので、歯を動かす範囲が必要最小限ですみ、動かさない歯への負担も軽減されます。

また、途中の進行状況や治療後に修正や追加ができるフォローも含まれています。

歯科業界におけるマウスピース矯正・インビザラインの実態

マウスピース矯正とは?

現在、歯科業界ではマウスピース矯正の需要が高まっています。
患者さんの需要からマウスピース矯正を新たに導入するクリニックも増えてきています。
マウスピース矯正の正式名称はマウスピース型カスタムメイド型矯正歯科装置です。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置自体の歴史は1945年まで遡りますが、アナログからデジタルに変化したインビザラインとしては、まだ歴史が浅く新しい治療となっており、1997年にパシフィック大学(米)のRobert Boyd教授等によって今のデジタルシステムが開発され、1999年からアメリカでスタートされた治療です。
翌2000年にはヨーロッパでも開始され、日本に最初に入ってきたのは2006年頃となっております。
当院ではその最初期から、インビザラインに着目し治療に取り入れ研鑽を積んできました。

多くのクリニックでは、インビザライン社から送られてくる治療計画を歯科医師が介入することなくそのまま用いられています。
もともと欧米諸国むけにシミュレーションが作られているインビザラインでは、アジア人がそのままの治療計画を採用すると、歯肉退縮が起こってしまったり、口元が出てしまったりなどの好ましくない現象が起こる可能性があります。当院ではそのような事がおこらないように細心の注意をはらいアジア人向きのシミュレーションを1から作成しています。

元々の治療計画をそのまま採用する場合と、インビザラインに精通しているクリニックがしっかりと組み立てた治療計画を用いた場合なのかで治療結果は大きく変わってきます。
大学でもマウスピース矯正に関する講義などは現在ほとんどなく、卒業後に習得する技量により治療結果が大きく異なるのが現状です。各クリニック、作成する先生によっても治療計画は異なりますので、よく理解していただき、ご納得していただいた上で施術を受けて頂く事をおすすめします。

インビザラインを行う医院が多い理由

1つ目は患者さんの需要によるものが大きいと考えられます。
2016年頃からGoogleでのマウスピース矯正、インビザラインに関する検索ワードが急上昇しているため、世の中の注目度が高い事が伺えます。
また、インビザラインは現在世界中で行われている治療であり、累計症例数も1000万症例に到達している事から治療実績、品質の安心感があるのも多くのクリニックから選択されている理由の1つとなっています。またインビザラインを取り扱うアライン社から送られてくる治療計画を変更することなくそのまま用いる事が出来る簡便さがある為、十分に知識がない状態でインビザラインを取り扱うクリニックも多くなってきています。

治療が終わらない、歯並びが治らないなどの口コミがあるのはなぜか

インビザライン矯正には、コンプリヘンシブパッケージやライトパッケージ等、様々なパッケージが設定されています。各パッケージの違いは使用出来るマウスピースの上限枚数や無料で追加出来る回数が異なります。また、全てのパッケージに共通してマウスピース1枚で動かせる最大量は0.25mmとなっていて、動くスピードはワイヤーを用いた矯正とほぼ同じとなっています。

骨量や骨質、骨格の解剖学的な形態も大きく関わってきます。
骨が無い所には歯は動かせませんし、骨質が硬い方も歯は非常に動きにくくなります。その為、動きにも個人差が生じ治療期間が延びる場合があります。
そのほか、マウスピース矯正はご自身で取り外しができますので外している時間が長いとほとんど動かなかったりマウスピースの再作製が必要になったりと治療時間が延びてしまいます。

また、インビザラインに限らずマウスピース矯正ではしっかりと使用して頂いていても、シミュレーションと実際の動きに少なからず違いがでてきます。その誤差を修正し、できる限り理想の状態を追い求めるには一度の治療では完了せず、2回、3回と誤差を修正していく必要があります。
その誤差の修正は患者さん側の要望であったり、歯科医師サイドからみて治療をすすめた方がよい所であったりと様々あり、追加の治療の回数には患者さんにより差があります。

インビザラインを行っている医院の中には、この追加の治療を行わない所もあり、様々なトラブルが起こる要因となります。当院では、それぞれの治療にあわせて最大限理想を目指したゴールを設定しています。その為、何度かの追加の治療が必要になり治療期間が長くなる場合があります。
1つ1つのマウスピースの動きは少ないので変化を感じるまで時間がかかりますが、進めていくことで徐々に歯並びが良くなっていきます。

正しいインビザライン矯正とは

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とワイヤー矯正では力のかけ方が異なります。
マウスピース矯正は[押す力]、ワイヤー矯正は[引く力]を使って歯を綺麗に並べていきます。
両者は全く逆の力の向きとなっているため、この作用する力の方向を正しく理解しているかは大きなポイントになります。

また、マウスピース矯正、ワイヤー矯正でそれぞれ得意な動き、苦手な動きが存在します。
マウスピース矯正特有の性質を十分に理解し、治療計画に組込む事で良好な治療結果に繋がります。
矯正の診断においても、なぜこのような歯並びになったのか、その原因を理解する事はとても重要です。

この原因がしっかりわかっていないときちんと治療をする事ができません。
クリンチェックというマウスピース矯正の治療計画もアライン社が製作してきたものをそのまま患者さんに適用するのではなく、歯科医師が内容をきちんと確認し、現実的に再現出来る動きなのか?、歯肉退縮は起こらないか?、正しいゴール設定なのか?など、様々な問題点を正しい治療計画に修正する知識が歯科医師には要求されます。

インビザラインを行っているクリニックではほとんど治療計画が修正されずに治療がすすめられている所も多くあります。もともと欧米諸国むけにシミュレーションが作成されておりますので、そのまま採用すると様々なトラブルが起こる可能性があります。
そうしたリスクを回避できるように患者さんそれぞれにシミュレーションを修正することがインビザラインを行う上で極めて重要になってきます。
シミュレーションを個人個人にあわせた修正を行っているか否かが正しいインビザライン矯正を行っているかどうかのポイントになります。

正しいインビザライン矯正をしている医院の見抜き方
1. プロバイダーランクを参考にする

アライン社が設定しているプロバイダーランクを参考にする事です。上位ランク保持の先生方は年間症例数が圧倒的なので、その分、マウスピース矯正に対して経験も豊富です。

2. しっかりと組み立てた治療計画を用いているか

治療計画を説明する際、クリンチェックという患者さんの口の中を再現したシミュレーションソフトを用いますが、それがきちんと作り込まれているか、また、担当医から詳しい説明がなされるかも重要なポイントです。アライン社から送られてくる治療計画をそのまま用いるのか、専門医が1からしっかりと組み立てた治療計画を用いるのかで治療結果は大きく変わってきます。
各クリニック、作成する先生によっても治療計画は異なりますので、クリニックや先生の話をしっかり聞いていただき、ご納得していただいた上で施術を受けていただく事をオススメします。

3. 所属している医療スタッフが治療を体験しているか

実際に担当医やそのクリニックに所属している医療スタッフがインビザライン矯正の治療を受けているかです。医療従事者自身が治療を体験しているかどうかは、これから治療を開始する患者さんにとって、既に大変な面や不安な面を実際に経験しているので、患者さんが抱いている不安点、疑問点に関して的確なアドバイスや施術を行える事に繋がってきます。

4. マウスピース矯正を導入した歴史

クリニックに導入して日が浅いのかどうか?、担当する歯科医師はマウスピース矯正にどれだけ精通しているのかもポイントになってきます。
導入した歴史が長かったり、マウスピース矯正に精通している歯科医師が所属している事で、長年の経験からノウハウが培われているので、様々な状況に対応する事が可能となります。
当院は日本で初めてインビザラインを導入した医院の一つとなっており、様々な状況に対応できるよう日々研鑽を積んでまいりました。

困っている患者さんの駆け込み寺のような
医院を目指して

当院のインビザライン治療について
マウスピース矯正とは?

当院では、患者さんが安心して矯正治療に望んで頂けるように、実績豊富なドクターが丁寧にカウンセリングを行っております。また、他院で矯正治療中、矯正したけれど満足いく結果が得られなかった方の為の料金プランもご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

圧倒的な実績・症例数
マウスピース矯正とは?

当院は年間症例数401症例以上の医院ブラックダイアモンドプロバイダーです。ブラックダイアモンドプロバイダーの称号は全世界のトップから上位約1%ほどしかおらず、確かな治療をご提供できます。

安心の5年保証
マウスピース矯正とは?

当院のマウスピース型矯正治療法は、5年間の長期保証期間を設けております。保定装置のみ再作製費が1つ1万円〜2万円かかります。5年以内に矯正治療のやり直しのご希望をされた場合にも、再治療の費用はいただきませんので、安心して治療を受けていただけます。詳しい保証内容につきましてはお問い合わせください。

様々な症例に対応可能
マウスピース矯正とは?

矯正治療に精通したドクターが多数在籍しておりますので、様々なケースに対応することが可能です。他院でインビザラインが出来ないと言われた方でも出来る場合があるので、まずは当院へご相談ください。

他院からの転院、やり直し治療について

マウスピース矯正とは?

歯並びを治すという一大決心をされた方を一人でも多く幸福な人生を送って頂きたいという思いから、他院でマウスピース矯正をされていて、期間やマウスピース枚数の制限等で希望されている程の変化を感じられなかった。。。といった方々の為の治療プランをご用意しております。矯正治療中・治療後どちらもプランがございますので、ご不安がある方はお気軽にご相談ください。

リトライ矯正a(矯正治療中の方)
総額 60万円(税抜)
分割払い① 6,300円(120回払い)
※初回お支払い金額:10,440円
分割払い② 11,200円(60回払い)
※初回お支払い金額:16,900円
適応対象 ワイヤー矯正、インビザライン、キレイライン、Oh my teeth、hanaraviなどが対象となります。
備考 インビザラインの場合、アライン社所定の転医手続きを完了し、当院規定の諸条件を満たした場合、20万円を返金いたします。
リトライ矯正b(矯正治療済みの方)
総額 70万円(税抜)
分割払い① 7,300円(120回払い)
※初回お支払い金額:17,750円
分割払い② 13,100円(60回払い)
※初回お支払い金額:18,130円
適応対象 準備矯正のみ、もしくは、部分矯正(MTM…Minor Tooth Movement)、iGO矯正システムからの移行が完了している場合
リトライ矯正c(矯正治療済みで後戻りが大きい方)
総額 80万円(税抜)
分割払い① 8,400円(120回払い)
※初回お支払い金額:13,920円
分割払い② 15,000円(60回払い)
※初回お支払い金額:18,600円
適応対象 矯正治療済みの患者様で、特に後戻りが大きい方が対象となります。

やり直し治療以外の方も様々なキャンペーンや、料金プランをご用意しております。無料相談を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

料金を詳しく見る   いますぐ無料相談