ホーム > マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは?

ワイヤーを使った従来の矯正方法とは異なり、マウスピース(アライナー)を装着して歯列を整えていく矯正方法です。
マウスピースなので取り外すことができ、口内ケアがしやすいという特長があります。

また、ワイヤーを使うと、動かしたい歯の隣にある歯に大きな負担がかかりますが、マウスピースは歯全体に力を分散させるため、特定の歯へのダメージもありません。

透明な素材で作られたマウスピースは、装着していても目立たないという利点があります。

マウスピース矯正の種類

マウスピース矯正にもいくつかの種類があります。
素材や装着時間の違いもありますが、インビザラインと他のマウスピース矯正には大きな違いがあります。それは、最初に目標とする歯並びをご相談の上で決定し、それに必要な最小限の動きを数百万のデータを基に治療計画として作り上げ、3Dシミュレーションソフトで確認しながら調整し、各ステージに必要なマウスピースを作製できること。ですから、インビザラインはムダのない矯正治療ができるのです。
もちろん、途中や最終ステージ終了後、再調整を行うフレキシブルな対応も可能です。

インビザラインのご紹介

インビザラインのご紹介

0.5mmという薄い透明な素材でできたマウスピースを使って歯列矯正を行う、インビザライン。
約2週間ごとに、装着するマウスピースを取り替えていきます。世界で210万人以上が治療を受けているポピュラーな矯正方法です。

透明で目立たないマウスピース矯正は何種類かありますが、インビザラインは世界的な実績を誇っています。クリンチェックというシミュレーションで治療計画を立てて、患者さまが事前に歯の動きを3Dでご確認できるのはインビザライン矯正だけ。
患者さまお1人おひとりに合わせて、認定ドクターとアメリカのエンジニアが緻密で総合的な治療計画を検討し、オーダーメイドの治療計画を立てていきます。

ワイヤーを使ったものや他のマウスピース矯正では、治療を手探りで進めます。
目標となる歯列の状態まで整えるためにさまざまな工程を経るため、どうしてもムダが多くなってしまいます。インビザラインはクリンチェックを行って最終目標となるゴールまでの計画を立て、それに沿ってマウスピースを変えていくので、歯を動かす範囲が必要最小限ですみ、動かさない歯への負担も軽減されます。

また、途中の進行状況や治療後に修正や追加ができるフォローも含まれています。

歯並びに関するお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。
まつおか矯正歯科クリニック 神谷医院 お問い合わせバナー
神谷デンタルクリニック 池袋医院 お問い合わせバナー