ホーム > インビザラインのメリット・デメリット

インビザラインのメリット・デメリット

インビザラインのメリット・デメリット

メリット

矯正していることが
わからない
透明で薄いマウスピース
お1人おひとりに合わせた完全オーダーメイドの透明で薄いマウスピースなので、歯に装着しても自然な印象で、矯正していることが気付かれにくい装置です。
口許を気にせず話せる、笑顔になれるため、キャビンアテンダントやアナウンサー、キャスター、俳優といった人前に立つお仕事の方々にも、インビザライン矯正をご利用いただいております。
自分で取り外し可能食事や歯みがきの時にはご自分で外すことができます。
従来のワイヤー矯正ではご自分で取り外しができませんので、食事に制限がありますし、ご自宅での歯みがきケアがうまくできないというデメリットがありました。インビザラインなら、気軽に取り外しと装着ができますので、口内を常に清潔に保つことが可能です。そのため、歯周病やむし歯のリスクも抑えることができます。また万が一、違和感があってもご自分で取り外せるので安心です。
身体に優しい金属を使用していないので、舌や粘膜を傷付けることや、口内炎のリスクがほとんどなく安心です。
またプラスチックでできているので、金属アレルギーのある方や妊娠されている方でも安心して矯正治療を受けることができます。
ムダのない歯の移動全体で支えて必要のある部分だけ動かしますので、特定の歯だけに余計な負荷がかかることもありません。
また、歯の移動幅がアライナーごとに0.15~0.2mmととても短いので痛みも少なく、必要最小限の動きで目標となる歯並びに整えることが可能です。
事前に画面で確認が可能シミュレーションでゴールまでの歯の動きを確認できます。
事前にしっかり確認することで、満足度の高い治療を受けることができます。
食事コントロール食事や歯みがきの時には取り外す必要があるマウスピースなので、食間になんとなくオヤツなどを食べてしまう習慣がなくなり、規則正しい食事と食後の歯磨きを行えるようになります。

デメリット

ついサボってしまうご自分で取り外しと装着ができますので、外している時間が長くなってしまうと思うように歯が動いてくれません。
インビザラインは、最低でも1日20時間、一般的には22時間の装着が必要とされています。
会食が多いと煩雑食事や色のついた飲み物を召しあがる際にはマウスピースを取り外す必要があります。
そのため、会食が多い方は取り外しや装着が煩雑になりますし、どうしても装着時間が短くなってしまいます。
装置のケアが必要歯みがきの際に、外したマウスピースも掃除が必要です。
ここでケアを怠ると、むし歯や歯周病リスクが高まります。
症例によって
適用できない場合がある
現在では90%の方がインビザライン治療に適応しているので、治療の精度や適用範囲は広がりつつありますが、これだけではうまく矯正できない場合もないわけではありません。
たとえば重度の顎関節症の方、重篤な歯周病の方などは、程度によってインビザライン治療の前に、そちらの治療を受けていただく必要がある場合もあります。まずは、信頼できる矯正専門医での診断を受けることが重要です。
歯並びに関するお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。
まつおか矯正歯科クリニック 神谷医院 お問い合わせバナー
神谷デンタルクリニック 池袋医院 お問い合わせバナー