ホーム > 投稿一覧 > 矯正コラム > 外食時のインビザラインアライナー再装着について

矯正コラム

2015年2月9日

インビザラインの利点でもあり、欠点でもあると私が思っている事は、「食事のときに、外さなければならない」点です。
煩わしい矯正装置を外して、美味しくお食事がいただけるのですから良い事ですし、矯正装置に食べ物のカスが詰まって、虫歯になるというようなリスクもありませんから、素晴らしいと思いますよね?
でも、この食事というのがご家庭内での食事であれば、この利点だけが浮き彫りになるのですが、外食となると、話がちょっと変わってくるのです。

まさか、レストランのテーブルの席で、アライナーを外すわけにはいきません。
まず、食事の前にあらかじめ、アライナーを外しておかなければならないですよね。
インビザライン治療に慣れてくれば、タイミングを考えて、あらかじめ外せるようになると思うのですが、慣れないうちは外すタイミングを逸してしまいがちです。

それ以上に問題なのが、食後なのです。
アライナーを装着する際は、その前に歯磨きをしていただきたいのです。
でも、飲食店や行楽地のトイレで歯磨きをする姿って、他人から見たら異様な光景です。
すぐにご帰宅されるのであれば、アライナーの再装着は、ご自宅に着くまで待っていただいても大丈夫です。
お昼の遊園地や動物園、映画館などの食後となると、さすがに外しっぱなしは抵抗があると思います。
もちろん本当は歯磨きをしていただきたいのですが、このような時は、マウスウォッシュを活用すると便利です。

   

投稿者 神谷デンタルクリニック池袋医院